シリウスのアフィリエイトのペラサイトの作り方

 

「ペラサイト」という1ページのみで、完結するサイトを知っていますか?

 

このペラサイトとは、アフィリエイトの手法の1つで、
基本的に1ドメインにつき、1ページのみで管理し、
1つのサイトだけを育成するケースとは違って、
こういうサイトを量産するのが肝心であり、人によっては、
1ページだけのサイトを数百以上作って、管理している方も珍しくありません。

 

そのような中で、これから何サイトか収益が上がるサイトがあり、
思うように検索順位・収益が上がって来ないサイトについては、
バックリンクサイトとして、活用するケースもあります。

 

それから、そのペラサイトの作り方も1ページのみのサイトというと、
比較的ラクチンの作業にも思えるかもしれませんが、
1ページのみでしのぎを削るため、内部・外部からのリンクも期待できませんし、
サイト自体も弱いので、キーワード選定が非常に重要となります。

 

加えて、以下のような機能を1サイトに集約しないといけないので、
心理学も含めたライティングのスキル等も影響します。

 

  • 上位表示させるだけの文章分量
  • 読み進められる文章構成・コピー
  • コンバージョンさせるために、必要なライティング技術

 

すなわちペラサイトに成功するには、決して安易な作業ではなくて、
時には数ページで完結するミニサイトを目標にしても良いと思います。
そうする為には、全てのページに設定したキーワードに
対する順位計測も当然毎日必要となります。

 

このページでは、この1サイト1ページで管理する
「ペラサイト」の作り方やポイント等について、詳しく解説していきたいと思います。

 

 

ペラサイトとは?

 

まずはじめに、「ペラサイト」というのは、
1ドメイン1ページで完結するサイトのことで、
あまり1ページ目表示させることができるとは、限りませんから、
こういうサイトを量産することによって、
収益を上げるアフィリエイトの手法の1つだと言えます。

 

しかし、近頃では特に1ページのみで、
1ページ目表示させることそのものが、かなり難しくなっています。
そういう理由で、バックリンクサイトをあなたが用意するといった、
外部対策に頼らざるを得ないケースだって多いのではないかと思います。

 

また、ペラサイトの重要なポイントとしては、
決まったキーワードで1ページ目表示させなければ、
売上げも発生しないので、そもそも売上げするキーワードを
選択することも重要な手順となり、

 

商材選定もまた同様に、重要となります。検索ボリュームじゃなく、
「今すぐ客」を確実に集客するイメージです。

 

このキーワード選定については、後ほど徹底的に解説しますが、
商品名ワードで攻めるのか?または悩み系の複合キーワードで、
コンテンツを作るのか?等戦略が異なってきます。

 

 

ペラサイトのいい点と悪い点

 

こういったペラサイトの良い所としては、ボリュームが多いサイトって、
極端とも言える簡便性が特徴であって、
とりわけページ数の大規模なサイトにありがちなコンテンツ同士の
キーワードやコンテンツ等の重複回避という良い所が考えられます。

 

その反面、1ページ目表示させるためにも、文章量はライバルよりも、
多くなる傾向にあり、広範囲にわたって、
コンテンツを上手に網羅させないといけないといった
作成時のきつさもあるように、ターゲットキーワードで、
1ページ目表示させることが難しいといったデメリットもあります。

 

そのためペラサイトを一押しする人の多くは、
数多くサイトに手を付け、それらの中から、
何割かのサイトが成長するというわけです。

 

このように、ペラサイトには良い所も大きい割に、
マイナス点もあり、取り組むなら、他のサイトを作成するのと同じく、
力を入れて、時間コストをかける必要があると言えるでしょう。

 

ペラサイトには、普通のサイト構築と同様のスキルが求められます。
そのため、とりあえずはペラサイトからはじめていって、
SEOのノウハウ・上位表示させるためのライティングに慣れてきたら、
ペラサイトの間でも、上手く検索順位が付かないサイトを活用して、
ページを追加していき、ミニサイトを構築していっても良いかもしれません。

 

 

ペラサイトの作り方

 

では、リアルにペラサイトの作り方について、解説していきます。
このペラサイトは、1ページで完結するとは、言っても、
通常のサイトと作業的には、何ら変わらず、
ターゲット・ペルソナの設定を含むキーワード選定だけじゃなく、
そのキーワードで上位化させるための需要やニーズ、
解決するための「答え」をチェックし、
それらの価値のある情報を見やすく、コンテンツ化することがものを言います。

 

それから、このペラサイトには、1ページ目表示して集客するだけでなく、
ユーザーを引き付けるカギも抑えつつ、読み込んでもらう必要があり、
最終的には売上げに繋げることも、計画しないといけません。

 

すなわち、紹介した商品がマジに欲しい・・・できるなら、
今すぐ購入したいという訪問者像が、集客対象となります。

 

原則的には、1ドメイン1ページ

そして、基本は1つのドメインに付き、1ページだけとなります。
とは言うものの、1ページ以上作ってはいけないものでもないので、
必要があれば、数ページに分けて、作成しても良いでしょう。

 

ただし、このケースではキーワード選定に注意が必要で、
複数ページを合わせてトップページを1ページ目表示させるような感覚で、
個別ページを考える必要があります。

 

どちらにしても、最近の検索結果は、クソみたいなコンテンツでは、
絶対と言い切れるくらい上位表示なんて、
夢物語で・・・たぶん検索順位すら付きません。

 

そういう理由で、ライティング技術は随分重要で、
こういう意味で、量産はお誂え向きな練習にもなるのかもしれません。

 

ここで大事となるのが、やはりキーワード選定であり、
様々な内容をギューギュー詰めにしてしまっては、
検索エンジンも「何についての記事なのか?」「
理解することができなくなってしまい、期待通りの検索キーワードで、
1ページ目表示できなくなってしまいます。

 

これを解消するためには、1ドメイン1ページ加えて、
狙うキーワードはあくまでも1つです。

 

 

ドメイン・サーバーを利用する

ペラサイトを作るケースだと、通常のサイトと作りそのものは、
違いがありませんから、他サイトと同様に基本的に、
ドメインとサーバーが必要となります。

 

ここで肝心なのが、サーバーによっては、読み込みスピードにも
違いが見られるという点で、1ヶ月かかる料金に違いがあるように、
サーバーにもあれこれ種類があり、手軽に利用できるかなり金額が安いものから、
スペックによっては高額なものまでバラバラです。

 

ただし、ペラサイト以外にも、通常のサイトを徹底的にするケースでの多くは、
スペックの高さや高速化に定評のある「エックスサーバー」を利用しているケースが数多くあるので、
一回他社サーバーの口コミ等と比較してみると、良いのではないかと思われます。

 

それから、サーバーが違えば、ボタンひとつでサクっとワードプレスが、
インストールできてしまうものもあるので、1つのサーバーに
複数のドメインを設定して管理するのがイチオシです。

 

 

ペラサイトで稼ぎたいなら、ささみサロンがオススメ

 

ペラサイトで稼ぎたいなら、ささみサロンがおススメです。
初心者の方でも、ペラサイで稼ぐためのノウハウを懇切丁寧に解説しています。

 

 

ささみサロンについて、詳しくはこちら